私はナースになって3年以上たちます

医者ほどではないですが、ナースの仕事も人の命にかかわる事なので、失敗が許されません。

時には大きなミスというわけではないですが、ミスを犯して先輩ナースに叱られる事もいまだにあります。

ナースになって1年目の頃あ、私ってナースの仕事が合ってないのではと考える時がありました。 しかし、先輩ナースからナースの仕事が合っているかは、自分が決める事ではなく、患者が決める事だと言われました。

最初は全く意味が分からなかったので意味を聞くと、その内分かると言われました。

そしてある担当患者が退院する時、患者が私の方をみて「ありがとう」と言ってくれました。

その後すぐに、患者が決める事だと言った先輩ナースが「ありがとうは、感謝の気持ちがある時に言うんだ」と言われました。

その時、私は先輩ナースが言った意味が分かった気がしました。

今まで受け持った担当患者の全てが退院する時に、ありがとうと言われるわけではないですが、その言葉を聞けてる内はナースの仕事を続けていこうと思います。"

自分に合ったナース求人の探し方(TOP)を解説してるページです。参考にしてください。


派遣ナースとは

ナースの仕事の求人は、いつみてもたくさんの募集がありますね。

国公立や私立の総合病院や大学病院、個人病院やクリニック、老人ホームなどの福祉・介護の施設、訪問看護やデイケアなどさまざまな種類の仕事があります。

私は、20代中ごろに准看護師免許を取得し、一般病院で正職員の職についていたのですが、正看護師の免許をとるための学校に進学したので、一般病院を退職しました。

学生生活は、毎日勉強で忙しかったものの、夏休みや冬休みがあったので、学費とお小遣いのために、看護師の派遣会社に登録することにしました。

准看護師の免許の原本と、簡単な履歴書に記載し、ラフな服装でも面談はOKということで、面談で自分の希望などを伝え、登録が終わりました。

あまり希望がなかったからか、毎日いろんなお仕事依頼がきましたね。訪問入浴介護の仕事や、デイサービスの仕事、健診センターなどがありました。

時給もよく、残業代は100%でる上に、交通費も無制限ででます。

他県の仕事で特急代金もでたので、気分転換にいろんなところで働くことができ、20代の2年間でよい経験をさせていただきました。

また、派遣ナースであちこち飛び回ってみたいです。

ナースセンターの活用法について参考になります。